2017年10月21日

ほのぼの



こんにちは、
どんべえだよ。




ドイツに住んで20年。



このブログでは
色々日々感じたことや
ドタバタの日常を綴っていくよ。



おとといだったか
道を歩いていると
おじいさんが前からすごい勢いで歩いてきて
ぶつかりそうになったのだ。



もうね、よけようともせずに
一方的に文句を言われたよ。



この事件は
どんべえの恨み帳に刻まれたからね!





という訳で
穏やかな気持ちになるために
今日は「ほのぼの」について。




ほのぼの教



どんべえが好きな感情は「ほのぼの」
もし「ほのぼの教」というのがあったら入る自信があるね。



生きているといろんな感情があるよね。



たとえば
「わくわく」、「ドキドキ」、「ムカムカ」など。



どんべえはその中でも一番
「ほのぼの」を大切にしているよ。





たとえば嫌なことがあると



ほのぼのな思い出を思い出して
帳消しにしようとするところがあるし。




そして


ほのぼのな出来事があると
一週間は楽しく過ごせるのだ。



もう、チューインガムを味がしなくなるまで噛むのと同じ感覚だね。
もはやアブナイ人



ほのぼのな出来事①




どんべえは運転免許がないので
路面電車に乗って移動するんだけど



ある日、
お父さんらしき人が
6才くらいの子供を5-6人引き連れて
電車に乗ってきたんだよね。





s_youchienji-compressor.png



その時子供たちがどんべえを見たよ。


すると子供たち同士で


「ねえねえ、中国語しゃべれる?」
という会話を始めた。



それからみんなはしゃぎだして


「僕はニーハオって言えるよ」
「僕はコンニチワ!」←オッ、日本語やんけ
「ナントカカントカ」←テキトーに作ったアジアっぽい言葉



とまあ、盛り上がり始めたね。





どんべえは


「これは、、、来るな」


と思ったよ。





話は変わるけど



電車で近くの人が
今まで全然違う話をしていたのに



どんべえを見ると急に
アジアや中国、日本の話を突然話し始めるときが
あるんだけど。


これは
東洋人のどんべえを見て
新しい話題を思いついたと考えていいの?


それともどんべえの自意識過剰ってやつかな。




話は戻って




さっきの予感は当たって




s_kutsurogu_kids1-compressor.png




ひとりの子供が
「ニーハオ」って話しかけてきたよ。




来たよ来たよ。




だからどんべえも合わせて


「ニーハオ」
  ↑ ↓
 習ったピンインの発音




と答えたね。
(本当はコンニチワのほうが良かったかもしれないけど
ここは、ポピュラーなニーハオでいくことにした)





すると



子供A「ニーハオ」

子供B「ニーハオ」

子供C「ニーハオ」




どんべえ「ニーハオ」



子供A、B,C 「わーい、わーい!」



どんべえ「無邪気じゃのう、、、」←心の声




という感じになったよ。



そこで、降りる駅が来たので



ニーハオ言われながら
どんべえは電車を降りたのであった。







ほのぼのな出来事②


どんべえの、
つれあいの友人の元奥さん(複雑ですまぬ)の話。


s_stand_seiyou08_woman (1).png



この元奥さんはとてもチャーミングで
性格も良く、なぜ離婚したのか謎。



それはさておき




s_nihonchizu.png



彼女の息子さんが
自転車で日本縦断したときの話。


s_s_olympic18_bicycle2-compressor-compressor.png


たまたま通りがかって知り合った
学校の先生と生徒さんのグループと




s_travel_happy_school_blazer_set-compressor.png




つたない英語でやり取りして
最後は、「英語で手紙を書くからね~」といって
分かれたんだって。






s_mail-compressor.png




それから一か月後、、、




彼が日本縦断の旅から帰ったところ
日本からドサッと分厚い封筒が届いたそうな。




その中には
旅行で知り合った先生と生徒さんの手紙がいっぱい。
英語でメッセージが書かれていて
それはそれは感動したんだって。



今でもその手紙はとってあるそう。



そんな小さな出会いでも
大切にする心がとてもほのぼのだなあ。


結局こういう小さなほのぼのが
平和に一役買っていると思うよ。絶対。







ほのぼののまとめ



最近は
小学校でも英語教育が検討されているらしいけど
これはいいね。



もちろん、
受験勉強というよりもコミュニケーションの一環として。



最近は日本ブームのあおりか
「日本に来たら日本語を話せ」的な人もいるみたいだけど
こういう人は、損をしていると思うよ。


なにか、コミュニケーションを
勝ち負けで考えている感じがするんだよね。



コミュニケーションは、ほのぼのなのだから。





今日のドイツ語


・süß(形容詞)
ズース
可愛い、心温まる


・das English
ダス エングリッシュ
英語


・der Schuler
  die Schulerin

デア シューラ―
ディー シューラリン

男子生徒
女子生徒



どんべえでした。


posted by どんべえ at 10:00| Comment(0) | 人間模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

日本食



こんにちは、
どんべえだよ。




ドイツに住んで20年。




このブログでは
いろんな日常を紹介していくよ。




今日は日本食について。







カップヌードルは高級品




s_cup_noodle-compressor.png


突然だけど、


今日パートから帰ってきたら、
何にも食べるものがなかったので
家にあった最後のカップヌードル(日本製)を
食べてしまったのだ(._.)




美味しかったけど、ちょっと後悔。



何故かというと
日本製のカップヌードルは
レアで高級品だから。




【ドイツのカップヌードルについての記事はこちら】





ほとんどの日本食は通販で買うんだけど、




日清のカップヌードルは
なかなか在庫にないし、
入荷しても人気商品だからすぐ売り切れるのだ。



値段も一個3,65ユーロ。



日本円で約480円もするのだ。



だからどんべえは日本に帰ると
必ずスーパーでカップヌードルを買うよ。







気になる他の日本食



じゃあってことで


他の食品は大体いくらくらいで売られているか
ちょっと調べてみたよ。





お米

s_food_kome_pack_big-compressor (1).png

5㎏ 入り 20ユーロくらい 2,600円
10㎏入り  40ユーロくらい 5,200円




濃縮めんつゆ(1L)


s_cooking_mentsuyu.png


10-13ユーロ 1,300~1,700円




袋入りラーメン(5個入り)


s_food_instant_fukuro_ra-men.png



10ユーロくらい 1,300円




ウスターソース(500ml)  
   

s_cooking_sauce.png


6-7ユーロ 800~1,000円




お好みソース(500g) 


s_cooking_okonomi_sauce.png


6~7ユーロ 800~1000円




カレールー 




s_curry_ru.png


5~6ユーロ 600~750円

※どんべえはジャワカレー




豆腐 一丁 


s_food_toufu_pack.png


2ユーロ前後 260円



マーボー豆腐の素 



s_food_mabodoufu.png


5ユーロ前後 660円




すしのこ(小)  

※すし飯を作る調味料


s_sushi_sukerokuzushi.png


2,5ユーロくらい 350円




餃子の皮(20枚入)


s_food_character_gyouza.png



2,6 ユーロ 320円




カール


curl.jpeg


出典ːアマゾン


3,5ユーロ  500円

※これはめったに入荷しない激レア



※1EURO=130円計算



まとめ



s_job_hikkoshi_smile.png


どんべえが普段よく買う商品をピックアップしてみたよ。



お米の値段は日本と同じくらい。



他のものは約3倍高いってことが分かったよ。



高い、、、



しょうがないか。
輸送費や人件費がたくさんかかっているからね。




それにしても



ネットのおかげで
ドイツに住みながら日本の食品が買えるのは
ありがたいことだよね。



文句を言ったらバチが当たるよ。



通販だと重たいお米も
家のドアまで運んできてくれるしね。




家での食事はドイツやイタリアンも作るけど
やっぱり日本食が一番ホッとするよ。



もはや心の食べ物なのだ。



ありがたや、ありがたや。





今日のドイツ語



・die japanische Küche
ディー ヤパニッシェ クーヒェ
日本料理



・das japanische Lebensmittel
ダス ヤパニッシェ レーベンスミッテル
日本食材



・teuer (形容詞)
トイヤー
物価が高い



・die Lieferung
ディー リーファルング
配達





どんべえでした。




続きを読む
posted by どんべえ at 10:00| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

お花



こんにちは、
どんべえだよ。







最近生活にうるおいがないので



フラワーアレンジメントに挑戦してみたよ。



s_ikebana_woman-compressor.png



先生はなんとマイスターの資格を持っているすごい人なのだ。




という訳で








出来上がり写真



s_IMG_0460 (1).JPG



土台はアジサイで
上にはかぼちゃとドイツのドングリやほおずきなど。



黄色いカボチャがだんだん黒くなってきているんだけど
気にしないでね。



ちなみにこれはどんべえの作品で
あえて、カントリー風にしてみたよ。


先生の作品は
もっとエレガントで大人っぽい感じだったよ。


同じ材料でも、一人一人仕上がりが違ってくるところが面白かった。












posted by どんべえ at 10:00| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする