2017年12月11日

お母さん



こんにちは、どんべえだよ。



このブログでは
いろんなドイツの日常を紹介していくよ。





s_apron_mama-compressor-compressor.png


今日はちょっと愚痴。


愚痴は聞きたくない、、、

という人はスルーしてねっ(苦笑)




あれだね。


お父さんというものは


お母さんに何か言えば


「奥様は魔女」のサマンサみたいに


魔法で何とかしてくれるとでも思っているのかね。


例えば



物の位置が自分の好きなように置かれていない


家の中の微妙な故障


子供が片づけをしない


子供が勉強しない



などなどだよ。




そんな日ごろの不平不満を
お母さんに言うと


「えいやっ!」


と、何とかしてくれるとでも思っているのかな。



s_majo_cat_houki-compressor.png





一言言っていいい?




「お母さんは魔法使いじゃないからねッ!」





子供は許すよ。




だって子供だからね。




でもおじさんはダメだよ。



以上だす。

「面と向かって言えや」




という話だけど
これは万国共通なのではないかと思い書いてみた。


完璧なものなんてないからね。


完璧な家族も
完璧な家も


それはテレビや映画で見ている幻想にすぎないのだ。



文句を言う人のほとんどは
完璧なものが手に入ると
あらさがしを始めるので、終わりがないのだ。




要は、
自分がどう見るか、だと思うよ。



自分が「良いじゃん」


と思えばそれでいいのだ。





どんべえより



posted by どんべえ at 16:16| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

クリスマスリース


こんにちは、
どんべえだよ。


ドイツはめっちゃ寒くなったよ。


このブログでは
いろんなドイツの日常を紹介していくよ。


s_ri-su1-compressor-compressor.png

今日は
クリスマスリースを手作りした話。



なんと、

今回習った先生は
お花のマイスターの資格を持っている
すごーい人なのだ。


というワケで


自分への覚書としても
残しておきたいので
簡単な作り方を書きつつ、紹介するね。



IMG_0607.JPG
先生のお手本1
(細いバージョン)


IMG_0608.JPG

先生のお手本2
(太いバージョン)


IMG_0609.JPG

先生のお手本3
細いバージョンを2連にしてつなげた作品



作り方


土台


細い針金のわっかを用意する。

細いバージョンはそのまま。
太いバージョンは新聞紙を周りにつけて
土台をもう少し太くする。


あとの工程は同じ。


わっかの周りに
葉っぱを小さく切ったものを
ワイヤーでくくり付けていく。


IMG_0604.JPG

一回に括り付ける量は
これくらい。


IMG_0605.JPG

ワイヤーでくくるところ。


IMG_0603.JPG

前と横から見て、きれいな丸になるように
つけていくよ。


いびつなところは

葉っぱをグルーガンで
補う感じで張り付けていくと
綺麗な円になるよ。


もし、
後ろ側に葉っぱが足りないと思ったら
これもグリーガンで張り付ける。


土台ができるまで
一時間くらい地道に作業するよ。



飾りつけ


土台ができたら後は飾りつけ。

ワーイワーイ!

これが一番楽しい。


IMG_0610.JPG

どんべえの作品。


反省点

シナモンを切るという発想がなかった。
全体的に左右対称でないね。ハハハ、、、


まあ、初めてだし上等上等!


楽しかったし、心がうるおったよ。
先生ありがとう。


【関連記事】

ファッションストア・・・うるおいのないドイツの衣料品店




そんなわけで


今回は

素敵ブログみたいになった。

どんべえなのに。

まあ、
たまには素敵なことをしても罰は当たらないよねっ(笑)



【関連記事】

お花・・・今回と同じ先生に習ったよ



【おまけ】


IMG_0611.JPG

作業の合間に飲みに行ったホットワインのカップ。
可愛かったのでそのまま持って帰った。

ちなみデポジットは2ユーロ。



今日のドイツ語

・der Kranz
デア クランツ
リース


・die Blume
ディー ブルーメ
お花


・der Meister
デア マイスター
男性のマイスター


・die Meisterin
ディー マイスタリン
女性のマイスター


※マイスターとはその分野での最高峰の刺客。
学士レベル同等なのだ。




どんべえでした。

posted by どんべえ at 00:00| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

ドイツのクリスマス【伝統編】


こんにちは、どんべえだよ。


好きな映画はほのぼの日常系。



この記事は
下書きのつもりで書いたのが
アップされていたのでちょっと書き直したよ。

もう読んだ人ゴメンね。



この、書き直しバージョンも良かったら
読んでみてね。


今回は
伝統的なクリスマスの過ごし方について。


アドベント(クリスマス前)


s_christmas_mark7_bell-compressor-compressor.png

俗にいう

アドベントという期間だよ。



クリスマスの4週間前から始まるよ。



どんべえは、
クリスマスそのものよりも
アドベントの期間の方がワクワクして楽しいよ。



【やること】



1.アドベントクランツ


丸いリースにろうそくを四個立てて
日曜日ごとに、一個ずつ灯していくよ。

4個全部灯ったときは
クリスマスになっている計算。



2.アドベントカレンダー



24個の窓がある
カウントダウンカレンダーがある。

1日1個窓を開けていくよ。
中には小さなお楽しみ(チョコとか)が
入っているのだ。



3、クリスマスマーケット



グリューワインと言われるホットワインから
気軽に食べられるソーセージとか
ピザまであるよ。


まるでフードコートさながら
みんな路上で食べたり飲んだり盛り上がっているのだ。


商品も
クリスマスオーナメントから
衣料品、雑貨、キッチン用品まで
幅広ーい品ぞろえで見て回るだけでも楽しい。



IMG_0595.JPG
街のイルミネーション


IMG_0599.JPG
クリスマスマーケットの入り口


IMG_0596.JPG

グリューワイン

この日、雪が超降ってた!!!
でもそれが良いんだよね。



クリスマスイブ



s_christmas_tree_present-compressor-compressor.png


1、午後から店が閉まる。


仕事や店は午前中だけ。


午後からはありとあらゆる店、
クリスマスマーケットも閉まってしまう。
(来年のアドベントまでさようなら~)


店が閉まるので


食料の買いだめは
この午前中が最後のチャンスなのだ



2、ツリーを飾る



つれあい曰く

今はお母さんが子供と一緒に
ツリーの飾りつけをするけど


昔は違ったらしい。


お父さんの仕事だったんだって。


その日、
お父さんはツリーのある部屋(主にリビング)にこもり
飾りつけをし、鉄道模型をツリーの周りに走らせる。


最後にプレゼントを置いて
クリスマスディナーが済むまで
誰も入れないように部屋を占めておくのだそうな。




3、教会に行く


信心深い人は教会に行くよ。
やっぱりイエスキリストの誕生日だからね。

ミサの後は
ろうそくをもって外を歩いたりしているのを
見たことがあるよ。



4、晩ご飯


そう、クリスマスと言えば家族の日。


この日はみんなで一緒に団らんするよ。


彼氏や彼女がいる人は
お互いの家族の家にお邪魔して
一緒に食事をしたりする。


メニューは意外と簡単で
ウインナーとポテトサラダなのだ。


理由は
クリスマスの準備で
お母さんが大変なので負担を軽くするためらしい。



5、プレゼント交換


ご飯を食べたら
プレゼントの部屋に行くよ。


ついに子供たちのテンションはMAX!


ここは
お父さんの威厳がかかっているのだ。


この日のためにお父さんは
重たいツリーを運び、設置し
鉄道模型を購入し、走らせ
子供たちへのプレゼントを準備したのであーる。


部屋に置かれた
キラキラのツリーとその下に置かれた
プレゼント、鉄道模型はセットなのだ。


これはドイツ人のクリスマスの心象風景でもあるよ。


ここでゆっくり
クッキーをたべたり
ワインを飲んだりして

家族団らんするのだ。



【番外編】


トルコのケバブ屋は開いている
イスラム教だからかなあ。




クリスマス当日(25-26日)


1、クリスマスディナーを食べる



本格的なクリスマスの食事は
この日に食べるよ。


伝統的なメニューは
鴨のロースト
ジャガイモの団子と
赤キャベツの付け合わせ。


s_gans.jpg

これ美味しいよ。



2、のんびり



s_gorogoro_woman-compressor.png



お腹いっぱいになったら
ゴロゴロするだけ。


ボードゲームやったり
テレビ見たり。


どこに行っても店が閉まっているので
基本家でゴロゴロするか
腹ごなしの散歩くらいしかすることがない。


はっきり言ってひたすらヒマ。


イブにもらった
チョコやクッキーを食べて過ごす。


このだらだらしたクリスマスは
25~26日まで続くよ。


昔の日本のお正月に近い雰囲気。


クリスマスが終わったら
太るのも日本と一緒。



まとめ


ドイツは12月中クリスマスモード。

クリスマス(24-26日)は日本の元旦みたいな雰囲気。

その間は食っちゃ寝、食っちゃ寝で
結局太る。


お父さんの威厳は
クリスマスツリーの部屋にかかっている。


お母さんは
料理しなくちゃいけないので
結局大変。


最近は夫婦共働きで
変わってきたと思うけど、
伝統的なクリスマスの過ごし方はこんな感じだよ。




今日のドイツ語

・der Heiligeabend
デア ハイリゲアーベント
クリスマスイブ


・der Weihnachtsmann
デア ヴァイナハトマン
サンタクロース


・das Geschenk
ダス ゲシェンク
プレゼント



どんべえでした。













ラベル:休暇
posted by どんべえ at 10:00| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする