2018年07月16日

Sushiサンドイッチ3種


どうも、どんべえです。


このブログでは
いろんなドイツの日常を
紹介していくよ。


今日は
ドイツの雑誌から
和食レシピを作ってみたいと思う。


s_syokuji_white_woman-compressor.png


Sushiサンドイッチ3種


IMG_0161.JPG
雑誌“Slowly Veggie!”より


今回作るのはこの
おにぎらずみたいなやつ。


ベジタリアン向きということで
意識が高そうな雰囲気。


こういった
健康系の雑誌には


和食をはじめ
アジアのレシピが多く掲載されている。


アジア料理=栄養バランスが良い
というイメージなんだろうね。


しかしレシピの考案は
ドイツ人だったりするので


「実際に日本人が
食べても美味しいのかどうか」


が気になるところだよね・・・


そこのところを


ドイツ人が
ウインナー炒めに


イタリア人が
スパゲティナポリタンに


インド人が
日本のカレーに



挑戦する感覚で


試してみたいと思う。



材料


★合わせ酢

・米酢 大4と1/2
・リュウゼツランのエキス(Agavendicksaft) 大1
・塩 大1/2


★さつまいのサンド用

・紫キャベツ 50g
・さつまいも 200g
・ほうれん草 50g


★マイタケのサンド用

・ラディッシュ 125g
・マイタケ   100g


★スモーク豆腐サンド用

・スモーク豆腐(geräuscherte Tofu) 125g
・きゅうり 1/3本
・アルファルファ 50g
・白コショー 小1/4


★その他

・海苔 6枚
・マヨネーズ 大4
・黒ゴマ 少々


s_IMG_0141 (2).JPG
こんな感じ


きゅうりは冷蔵庫にあったもの。


ほうれん草は普通のスーパーで。


それ以外は
自然食品店(BIOMarkt)で購入。


ラディッシュ初めて買った。


※紫キャベツは季節的なものなのか置いてなかった。
リュウゼツランのエキスもなかったので“すしのこ”で代用。



突然だが、BioMarktについての考察


自然食品店(BioMarkt)に行くと
いつも思うのだが


お客さんがよくいえば穏やか。


悪く言えば覇気がない感じ。


静か&平和なので癒される。



いっぽうで


どんべえが普段利用する
ディスカウントスーパーは
まるで戦場のよう。


お客さんは
バイタリティにあふれている。


レジは長蛇の列で


ひとつレジが開くと
そこをめがけてみんな猛ダッシュする。
(自分を含めて)



まさに鼻息が荒い感じ。



なぜ安い食べ物をたべている人たちが
こんなに元気そうで


高い自然食品を食べている人たちが
どことなく覇気がなさそうなのか


これは一度調べてみる価値があると思う。



作ってみた


①野菜の下ごしらえ

s_FullSizeRender - Kopie (4).jpg

・ラディッシュ、キュウリは薄切りにして塩もみ。

・ほうれん草は適当な大きさに切る

・アルファルファは軽く塩を振っておく


s_IMG_0145 (1).JPG

②スモーク豆腐、マイタケ、さつまいもは
ピーナッツオイルで軽く焼き色がつくまで炒める


③海苔の上にご飯をのせる。


④さらに具、マヨネーズをのせて
サンドイッチのように包む。


★さつまいもサンド
さつまいも、ほうれん草、紫キャベツ(今回は省略)+マヨネ


★スモーク豆腐サンド
スモーク豆腐、アルファルファ、きゅうり、白コショウ+マヨネ


★マイタケサンド
マイタケ、ラディッシュ+マヨネ


仕上げにゴマを振って出来上がり。




出来上がり



sushi-sando-compressor-compressor.png

スモーク豆腐とアルファルファ(左)

マイタケとラディッシュ(中左、右)

さつまいもとほうれん草(中右)


ドイツ版おにぎらず
という感じだね。



感想


意外だけど、おいしかった。


好みの順番でいうと


マイタケ>スモーク豆腐>さつまいも



特にマイタケサンド


意外な組み合わせだけど
これがなかなか。


マイタケの歯ごたえとうま味。
ラディッシュのシャキシャキ感も
すし飯とよく合う。


スモーク豆腐
満足感があり悪くなかった。


逆にイマイチだったのはさつまいも。


イモ類
すし飯とのなじみが
良くないように思えた。



他に気づいたことは


どんべえは食事をした後に
眠くなることが多いのだが


このお寿司を食べたあとは
不思議と眠気が起こらず


頭がスッキリしたまま
一日を過ごすことができた。


ベジタリアン向けのメニューというのは
血糖値が上がらないように
よく考えられているのかもしれないね。


作る前は不安だったが、
意外に美味しいという
結果になった。


マイタケは本当におすすめ。



おすすめ度
★★★★☆



今日はドイツの雑誌で見た
和食レシピを再現してみたよ。


ではでは、またね~




posted by どんべえ at 17:25| Comment(0) | トンデモ和食レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

SieとDu



どうも、どんべえです。


このブログでは
いろんなドイツの日常を
紹介していくよ。


今日は
「SieとDuの使い分け方」
について書きたい思う。


s_friends_girl-compressor.png


SieとDuとは


s_job_jimu-compressor.png

Sie:2人称敬称単数・複数

和訳:あなたが(は)あなたがたが(は)

シチュエーション:
店員とお客、上司と部下、先生と生徒、お年寄りと子供など
少し距離のある間柄で使う。



s_catchball_friends-compressor.png

Du:2人称親称単数

和訳:君が(は)おまえが(は)あなたが(は)

シチュエーション:
友人同士、サークルの仲間同士、クラスメイト、家族など



こんな悩みはないかな・・・


もしかして、あなたは
ドイツ人とDuでフランクに話したい。

という悩みはないだろうか。

しかし、

日本人特有の遠慮深さから

「いきなりDuを使うと
馴れ馴れしいヤツって思われるかも」

「とりあえず、相手から
“duでいいよ”って言われるまでSieにしておこう」

などの理由で

Sieって呼んでいないだろうか。


そこのところを

どんべえの今までの経験を
交えながら

タイミングや距離の取り方などを
説明していきたいと思う。



自己紹介の時点ですでに決まっている!


Du(親称)・Sie(敬称)で呼ぶかどうかは
自己紹介の時点でほぼ決まる。


たとえば


「ハロー!私はフラウ・シュミットです」

と、相手が苗字を名乗ってきたら
その人はSieを使ってほしいということ。
(siezen,per Sie)


逆に

「ハロー!ベローナよ。」

と、相手が名前を名乗ってきたら
その人はDuを使ってほしいということ。
(duzen,per du)


とはいえ

最初はSiezenでも
親しくなるにつれて

「めんどくさいのでDuzenにしよっか~」

ということも良くある。



どんべえの経験談①


s_s_bbq_couple-compressor.png

ある夏の日
どんべえとつれあいは
誕生日会を兼ねたバーベキューに招待された。

そこには、
招待してくれた友人以外は知らない人ばっかり。

とはいえ

ここは大人なので

周りの人と
コミュニケーションをとらなくてはならない。



さてさて・・・


どんべえは友人から周りの人に
下の名前で自己紹介されたよ。

「ハロー!どんべえです。」

「ハロー!リサよ。」

みたいな感じ。


しかーし


その後の会話はなんとなく
敬称の「Sie」を使っていた。

初対面なのに、
馴れ馴れしいと思われたらいやだな。

という、遠慮の心から。


んでもって、ひそかに相手から

「Duでいいよ」
と言われることを期待しつつ・・・



そのとき
旦那から注意されたのが

「どんべえ、duって呼ばないと!」
ということ。


じぶんは遠慮しいなので
Sieを使っていたのだが


下の名前で紹介されたにもかかわらず
Sieで呼び続けることは失礼にあたるらしい。


だから

下の名前で紹介しあったら
すぐにDuと呼んでOKなのだ!


むしろそうしたほうが良いよ。



どんべえの体験談②


友人にドイツ語の先生がいる。


彼女の仕事は
外国人にドイツ語を教えること。


ある日彼女から
深刻そうな顔で相談された。


:「ねえ、私って
そんなに年取って見える?」

:「いや、細いしお洒落だし、
そうは見えないよ」

:「生徒がDuって呼んでくれないの」

:「あ、それは遠慮してる
可能性があるよ。」
「Duでいいからって提案してみれば?」

:「もう言ったわよ~!」

:「う~ん」



解説しよう。


彼女は親称で呼び合いましょうと
提案したにもかかわらず


敬称で呼ばれ続けるので
ひそかに傷ついていたのだ。


その生徒さんは
ギリシャ人らしいけど。


日本人も丁寧なら間違いがないと思って
Sieを使いがち。


ちょっと意外かもしれないが、


ドイツ人は
たくましく見えても
繊細なところがあるので


ちょっとしたことで悩みがち。


なので、
提案されたらそこは

上司だろうが、

先生だろうが

親子くらい年が離れていようが


思い切って
Duって呼んでみよう。


相手との距離も
グーッと近くなって喜んでもらえるよ。



つれあいの経験談

s_building_business_office-compressor.png

つれあいは普通の会社員。


最近の社風は


みんないきなり最初から
Du(親称)で呼び合うらしい。


同僚同志はもちろん、

ピチピチの新入社員も

ベテラン上司も

み~んなDuで。


これがトレンドらしい。


これはあくまで
どんべえの推測だけど


アメリカの影響かも知れんね。


アメリカではみんなYouだから。


旦那はいい年をしたおじさんなので

流行にすぐ乗れるかといえば
厳しいものがある。


まず、気持ちがついて行かない。


「こういうの、
どうも居心地悪いんだよねー。」
と言っていた。


まあ、


自分の子供のような年の
新入社員とタメ口で話すようなもんだしね。




SieかDuかで迷う時


たまにではあるが

「どっちを使っていいのか分からないなー」
という時もあると思う。

たとえば
子供のお母さん同士の集まりとか。

そんな時、どんべえは
SieもDuも使わないように
しゃべるようにしたよ。

当たり障りがないのが一番だと思う。




まとめ


・DuかSieかは自己紹介の時に決まる。

・名前の時はDu

・苗字の時はSie

・分からないときは
2人称を使わずにしゃべる
(けっこう頭を使う)

少し勇気がいるけど
名前で自己紹介されたら
思い切ってDuで呼びかけてみよう。

きっと相手も喜ぶはず。

苗字で紹介されたら
Sieを使い続けよう。

そのうちお互いになんとなく
Duに変わる日が来るかもしれないよ。


おまけコーナー


・duzen、per du
親称で呼び合うこと


・siezen, per Sie
敬称で呼び合うこと


ではでは、またね~



posted by どんべえ at 20:10| Comment(0) | ドイツ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

【新聞記事】W杯 ドイツサッカーファンの今後



どうも、どんべえです。


このブログでは
いろんなドイツの日常を
紹介していくよ。


今日は日曜日。


のんびりつれあいと
アイスクリーム屋さんに行ってきた。



平和だなー。



夏の日曜日は
家族でアイスを食べに行くことが多い。



そこでたまたま読んだ新聞で
W杯関連の記事があったので紹介するね。



s_soccer_stadium-compressor.png


【ワールドカップで
リーグ敗退した件について】


▼BNN新聞(BNN Zeitung)より一部要約



ドイツのサッカーファンは


数か月前から


車を国旗で右翼なみにデコったり


ビールやチップスを買いそろえたり


グリルの準備をしたり


いそいそと
ワールドカップ観戦の準備をしていた。



ところがメキシコ
そして韓国で終わってしまった(涙)



土曜日からは決勝トーナメントが始まった。



しかも、ドイツ抜きで。



これからどうすればいいのか?



サッカーのない日常に戻るのか



~中略~



ほかのチームを応援してみるのはどうだろう。



一番簡単なのはベルギーだ。



ドイツの旗を少し工夫するだけで
ベルギーの旗になる。



いろんな応援グッズ類
(花のネックレスやストローなど)
はベルギーにも使える。




▲一部要約終わり



【ベルギー国旗にリフォームする方法】
s_Belgium Fahne (1).JPG
画像出典元:BNN Zeitung



なーる 


・チョキチョキして並べ変える
(書かれてないが、これはセロテープ必須)


・向きを変える



エコ大国のドイツらしい
ユーモアだね。

      ・

      ・

      ・


そういえば、
今日は日本代表がベルギーと試合するんだった!


ドイツ国民はリサイクルした旗で
ベルギーを応援するのだろーか。


どんべえはもちろん日本を応援するよ。


ふと思ったのだが
わたしは普段ブンデスリーガとかJリーグ
に興味ないくせに


なぜワールドカップだと
熱くなってしまうのだろうか。


とっても不思議だなー。


ちなみに今レーヴ監督は
黒い森にある自宅で
過ごしているらしい。



レーヴ監督、
人生谷あり山ありなので

これをバネに
また次は強いドイツを見せてね!


ドイツが勝つとみんな機嫌が良いから(小声)


今日は新聞から
サッカーに関する記事を紹介してみたよ。



ではでは、またね~












posted by どんべえ at 10:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする